幸運を運んでくるハワイのウミガメ – Dolphins and You

LINEで送る
Pocket

ハワイには、ウミガメという種類のカメが生息しています。ハワイ語では「ホヌ」と言います。ハワイアンの人達は、ホヌを海の守り神として崇め、昔から大切にしてきました。が、そんな言い伝えとは裏腹に(笑)すごくかわいい顔をみせてくれるカメたちです。ハワイのホヌに会えたらラッキーがやってくるってハワイにウミガメを見に来る人もいますよ! そんなハワイのアオウミガメ達と会える場所を紹介します。 ラニアケアビーチ(Laniakea Beach,オアフ島)ノースショアにあるこのビーチは、タートルビーチとそのまま名前がついています。ビーチに行くと浅瀬でカメ達がゴロゴロしています(笑)ここは、ビーチ沿いに岩がたくさんあるので、カメたちは、岩に生えている海藻やコケを食べにビーチ沿いまでやってくるんです。甲羅干しをしているカメもいますよ。ここは、Malama na Honuという団体によって守られていて、カメが砂浜まで上がってくると赤いロープで囲い、人が寄り付かないようにします。これ、ハワイの法律なんです。2メートル以内に近づいてはいけないそうです。 マルアカビーチ(Maluaka Beach,マウイ島)ここは、スノーケリングスポットとしても有名です。リゾートワイレアマケナから南へ5kmほど行ったあたりです。このあたりは、タートルタウンと呼ばれています。このビーチの左側の岩場がウミガメが集まる場所です。スノーケリング中にウミガメに遭遇したりします。 キホロベイ(Kiholo Bay, ハワイ島)ここは、ハワイ島のコナ側、ワイコロアリゾートの南にあるビーチです。ちょっとわかりにくいので地元の人に聞いて場所を確かめてくださいね。あと、ライフセーバーがいないので、十分注意が必要です。とっても海がきれいで、すごくたくさんカメが並んで甲羅干しをしている様子なんかが見られたりします。ここは、昔カメハメハ王の養魚地だったため、淡水池がまだ残っています。岩のトンネルがあったり、泳いでいける小島があったり、楽しい場所になってます。 プナルルビーチ(Punalu’u Beach,ハワイ島)このビーチは、島の南側キラウエア火山側です。砂が黒いので、ブラックサンドビーチとも言われています。この黒い砂、実は、黒い溶岩が砕けて細くなったものなんです。やっぱりたくさんの岩が広がっています。カメは岩場を好むんですね。よく見ていると岩によじ登って海藻を食べているのが見られますよ! ドルフィン&ユーのツアー(オアフ島マカハ地区)でもイルカを見た後に、ウミガメに会いにいきます。やっぱり下が岩場のところによく集まっています。そして、海の中をゆらゆら浮かんでいるのか泳いでいるのかよくわからない感じで泳いでます(笑)かわいい写真を紹介します。 噂話をする2匹。ねぇ聞いた〜カメ吉の話(笑)ハグする2匹。この間は、ごめんね。ううん、いいのよ。今日は、こんな気分。ほっといて〜。 カメ子エステ中(笑)これって、甲羅についた藻を小さな魚達がお掃除してくれているんです。もちろん小さな魚達にとってはお食事。自然のサイクルよくできてますね! カメと泳ぐ時の注意事項こんなかわいいウミガメ達、実は、絶滅危惧種に指定されているんです。スノーケリング中にウミガメと遭遇したら、以下のことを必ず守ってくださいね。 1  カメに触らないこと!カメにさわると人間が持っている菌がカメにうつって病気になることも。またびっくりして寿命が短くなってしまうそうです。ハワイ州の法律に保護されているので、触ったら罰金3000ドル以上です! 2  カメは爬虫類です。呼吸をしに海面にあがってきます。スノーケル中にそんな場面に遭遇したら、さーっとじゃましないで道をあけてくださいね。

情報源: 幸運を運んでくるハワイのウミガメ – Dolphins and You

FavoriteLoadingお気に入り記事に追加
LINEで送る
Pocket

コメントを残す